Friday, April 30, 2010

は と が の ちがい

おおくの にほんじんに とって、英語の a と the と なし を せいかくに つかいわける ことが ものすごく むずかしい ように、かれらに とっては は と が を せいかくに つかいわける のは むずかしい らしい。

にほんご ペラペラの @canyun が よく まちがえているので、説明は ちゃんと できないと しりつつも つい かいちゃった。


きほんてきには a と the の ように、たいしょうを 限定 するか どうかで、は か が が きまるので、
それは 問題 だ = That's a problem.
それが 問題 だ = That's the problem.
という ふうに 理解 すれば いい。

って、にほんじん だから 例外も ふくめて いみは よく 理解 しているから 簡単に いえるけれど、おなじ ようには a と the を 理解 することが できないので、たぶん こんな 簡単には 説明 できないし、理解 できないのかも しれない。

英語には かぞえられない めいし が あったり、on earth と いうはず なのに on the earth と いえる ことも あったり、いまだに ちゃんと 理解 できないし、つかえない。もう、10ねん いじょうも アメリカで くらしているのに。

ちなみに、小学校 から 英語を つかっている 欧州の ともだちが、ちゃんと 努力 して a と the を マスター するのに だいたい 2ねん くらい かかった、って いってたので、たぶん ぼくは 200ねん くらい かかるな、って おもってる。ので、いっさい 努力は しないと きめている。

ぼく みたいに、ひまで、いろいろ おせっかいに ちゅうい してくれる ひとが いると いいのだけれど。