Tuesday, November 30, 2010

市川剛士

市川と なの つく さけのみの いろおとこで、さけを のんで あばれない やつは いない。サンプルは 2。いうまでも なく、市川海老蔵と 市川剛士の ふたり。

市川剛士の ことを しっている ひとが この ブログを よむ かのうせいは あまり たかくないと おもうので 簡単に しょうかい すると、かれは、ぼくの おさななじみにして ゆいいつむにの 親友だった おとこで、さけを あびるように のみ、わかい ころは ほんとうに しゅらんで おおあばれ して、いろんな おんじんに しぬほど 迷惑を かけた、まさに むちゃくちゃな やつ だった。

いわゆる ごうけつと いった かんじの 風貌と 態度だった かれの 内面は、とても せんさいで しりょぶかく、それを うかがい しることは、たぶん おおくの ひとには できなかったかも しれない。かれは 滅多に 誤解を とこうとは しなかったし、それは 小学生の ころから そうだったし、おとなに なっても そうだった。

たくさん ほんを よみ、こうかんし、いけんを たたかわせて ときには ひどい けんかも して いっしょに 成長してきた 親友の ぼくと かれの 女房に なった 彼女に しか みせていなかったであろう、かれの せんさいな せいしんは、かれが おおくを 説明 しなかったのだから ぼくも だれにも 説明 しなかったけれど、かれを あいしていた ゆうじんの おおくは わかっていたと おもう。

かれが このよを さったときは、ほんとうに どうして いいか わからない ほど こころが おれてしまい、ひさしぶりに あえていた はずの その としの なつの ある ひの こうけいを 毎日 なんども なんども むそうし、これから じぶんは どういう 人生を あゆむのか、しっかり かんがえないと いけないと きづき、たちあがるまでに だいぶ じかんが かかった。

だいじな ひとも いつか しぬ ということを、そのとき はじめて 理解 したと おもう。


ぼくの 長男の 名前は かれの 長男の 名前と 関係が あって、そのことは ぼくと かれの ふたりを よく しっている ひとだけが わかる こと なのだが、かれは ぼくの 女房が 長男を みごもった ことを しる まえに いったので、かれは ぼくの 長男の 名前を しらない。そのことは、いまだに 残念に おもう。

No comments:

Post a Comment